>

電話対応ではこれらを気をつけよう

気をつけなければならないこと

電話応対を正確に行うには、気をつけなければならないことがあります。
・語尾を伸ばすような話し方はかなりフランクに聞こえたりしてお客や目上の人に良くない印象を与えてしまいます。癖がある場合は意識して直すようにしましょう。
・しかし、ですがなどの否定的な言葉を使うのは、顔を合わせられない電話では否定がより強く感じてしまいます。
・たぶん、~だと思いますなどのあいまいな表現は、相手を不安にさせてしまいます。どうしても明確に答えられない場合は上司などより確かな人に確認しましょう。
・電話をかけてきた相手をたらいまわしにしないようにしましょう。担当者がわからないまま繋いでしまうと、またほかの人に繋ぐことになってしまい、相手は困ってしまうでしょう。担当者がわかるまでは、担当を調べる間の時間をもらえるよう電話の相手に確認を取りましょう。

増えつつある電話が苦手な人たち

ここ最近、就活をする若い人たちの間では電話が苦手な人が増えているようです。現代はインターネットが普及した世の中ですが、やはり仕事において電話応対は避けて通ることはできません。そんな電話嫌いの人はそもそもなぜ電話が苦手なのか、いくつかタイプを紹介していきます。
まずはネガティブな思考が災いしてしまうタイプの場合です。迷惑をかけてしまうのではないか、本当に今電話をかけてもいいのかと考え込んでしまう人は、電話を取るのも勇気がいるのかもしれません。
人見知りをしてしまうタイプの場合は、電話に限らず人と話すことを苦手としている人で、仕事を介すると余計に言葉が出てこなくなるというケースも多いです。
完璧主義であるがゆえに、電話よりも周囲の視線が気になってしまうタイプの人もいます。電話をしている間自分はどういう目で見られているのかなど、うまくやれているか否かを気にしてしまうと、電話応対にミスが出てしまいます。


SHARE!